一人暮らしの学生と社会人にとって理想の間取りは?おすすめの選択肢をご紹介

一人暮らしの学生と社会人にとって理想の間取りは?おすすめの選択肢をご紹介

一人暮らしを始める際に迷ってしまうのが、物件における間取り選びです。間取りが決まらなければ具体的な部屋探しもなかなか始められません。そこでこの記事では、これから一人暮らしを始める学生や社会人の方へ向けて、おすすめの間取りをご紹介します。

一人暮らしに人気の間取りと特徴

間取りの種類は色々ありますが、それぞれの間取りには想定される適した暮らしがあります。一人暮らしの場合におすすめの間取りは以下の4種類です。

一人暮らしデビューには家具付き賃貸がおすすめ!その理由とは?|リブマックスのセットアップ賃貸

1R

1Rとは、室内に浴室・トイレ(ユニットバスを含む)以外に仕切りがなく、玄関から居住スペースまでが一体になっている間取りを指します。最もシンプルな造りであり、家賃も他の間取りに比べ安く設定されている物件が多くなっています。

1Rが合うのはこんな人

  • 家賃を抑えたい人
  • 家具や家電など、室内に生活用品を効率よく配置したい人
  • 在宅時間が短い人

1K

1Kとは「1部屋+キッチン」を指し、1Rに加えて壁や扉で仕切られ独立したキッチンが存在する間取りです。玄関前にキッチンが配置され、奥に1Rがある造りが一般的です。部屋の広さは1Rと大きな差はありませんが、専有面積の表記にはキッチンスペースが含まれている場合があります。キッチンの広さは4.5畳未満が目安となります。

1Kが合うのはこんな人

  • 独立したキッチンスペースが欲しい人
  • 匂いや汚れを気にせず日常的に自炊を行う人
  • 玄関と居住スペースに空間が欲しい人

1DK

1DKは「1部屋+ダイニング・キッチン」を指し、1Rに加えてダイニング(食堂)兼キッチンが存在する間取りです。食事や料理のスペースが独立しており、居住空間と分けることができます。DKスペースの広さは4.5畳〜8畳未満が目安となります。

1DKが合うのはこんな人

  • 本格的に料理をする人
  • 食事や料理を別空間で行いたい人
  • 生活にメリハリを持たせたい人

1LDK

「1部屋+リビング・ダイニング・キッチン」で構成される間取りを1LDKといいます。1DKの間取りにリビングスペースが追加されており、居住空間以外にも広い生活空間を確保することができます。DKとLDKには明確な広さの基準はありませんが、目安として8畳以上と認識しておきましょう。

1LDKが合うのはこんな人

  • ゆとりのある生活空間を確保したい人
  • 在宅ワークなど、お家時間が長い人
  • 同棲なども視野に入れている人

学生におすすめの間取りとその理由

おすすめ間取りは「1R」および「1K」

学生の一人暮らしにおすすめの間取りは「1R」と「1K」です。学生時代には、まとまった収入が確保できず経済的制約が課せられる方も多いでしょう。家賃や生活費などを考慮し、月々の出費には気を配らなければなりません。1Rや1Kの物件はリビングやダイニングが完備されている物件に比べ家賃相場が低く、月々の生活費を節約する事ができます。

全国大学生活協同組合連合会が全国の国公立および私立大学の学部学生を対象に行った第56回学生生活実態調査の概要報告によると、2020年における下宿生の1ヶ月平均住居費はおよそ53,000円でした。

家賃相場は立地や物件の品質によって変動しますが、家賃50,000〜55,000程度の物件は1Rや1DKである事が多く、上述の資料の結果を鑑みても学生に適した間取りという事ができます。

大学生の一人暮らしを始める前に!知っておきたいメリットとデメリット|リブマックスのセットアップ賃貸

社会人におすすめの間取りとその理由

おすすめ間取りは「1K」および「1LDK」

生活の基盤が整った社会人には1Kや1LDKの物件がおすすめです。1Kの物件は一人暮らしに十分な広さを備えています。学生時代に比べ経済的な余裕が生まれる社会人であれば、職場近郊に暮らすことも可能でしょう。

対して、1LDKは広くて快適な分家賃も高くなってしまいますが、都心部から離れた場所で探せば、家賃相場を下げる事ができます。広々と開放的な環境で暮らしたい方におすすめです。

どちらの間取りを選択した場合でも、その間取り特有のメリットを享受する事ができるでしょう。

単身赴任の住まいはLiVEMAXのセットアップ賃貸で

一概に一人暮らしといっても学生と社会人ではおすすめの間取りにも違いがあります。現状の経済状況や生活環境を考えて、自分自身に合った間取りを選択するようにしましょう。

LiVEMAXのセットアップ賃貸なら、あらかじめ家具家電が設置されているため、間取りとレイアウトを考えなくてもすぐに新生活を始めることができます。

物件検索ページはこちら