愛知県の家具付き賃貸物件を検索

愛知県の交通

愛知県には、JRをはじめ名鉄といった私鉄も数多く通っています。名古屋市内の移動にはまず不便することはないでしょう。また、愛知県は首都圏や近畿圏に比べると自動車の利用率が高いのも特徴的です。名古屋市のホームページに掲載されている、「利用交通機関別分担率」を見てみると、首都圏の自動車利用率と公共交通機関利用率の割合が3:7なのに対して、中京圏の割合は自動車利用率が7割と逆転しています。この理由としては、愛知県では高速道路や幹線道路が発達していること、駐車料金も首都圏と比べると格段に安いことなどが考えられます。

愛知県の主要な駅

名古屋駅
「名駅(めいえき)」の愛称で親しまれている名古屋駅は、愛知県で最も多くの人が乗り降りする駅です。県内各地への移動はもちろんのこと、岐阜県や三重県といった近隣の県からの通勤通学者も大勢いるため、平日休日問わず東海地方の交通の要として機能しています。駅周辺には様々な施設がありますが、中でもランドマークとなっているのは、駅直結の51階建てのビル「JRセントラルタワーズ」です。オフィスタワーとホテルタワーからなるツインタワーで、商業フロアには高島屋や東急ハンズが入っています。ファッションやインテリア、グルメなど何でも揃うスポットです。
栄駅
栄は愛知県を代表する繁華街です。東山線、名城線といった名古屋の主要地下鉄が乗り入れており、多くの若者やビジネスマンで賑わっています。ファッションやグルメなどの多くの店舗が並ぶ地下街「サカエチカ」は、名古屋駅に負けないほどのショッピングエリアです。駅周辺には、観覧車がシンボルとなっている「サンシャインサカエ」や、水の宇宙船をイメージした立体公園「オアシス21」など、様々な観光スポットがあります。

愛知県の暮らし

愛知県は、大きく分けると次の2つのエリアに分かれています。
・名古屋を中心とした尾張地区
・豊橋・岡崎を中心とした三河地区
名古屋市内は地下鉄が多く通っているため、自動車がなくても通勤通学に不便は感じないでしょう。しかし、名古屋周辺は家賃相場がやや高めです。家賃がリーズナブルな地域で探すなら、名古屋へのアクセスが便利な稲沢・春日井・北名古屋などがおすすめです。三河地区は家賃相場がグッと下がる分、交通手段は自動車がメインになると思います。お部屋探しの際は不動産屋さんに、どこの地区で生活し、どういうライフスタイルを送りたいのか、詳細に相談すると良いでしょう。

愛知県の観光スポット

犬山城
愛知県の城で有名なのは名古屋城ですが、室町時代に小田信康によって建てられた「犬山城」も国宝に指定されています。天守は現存する日本最古の様式で、480年以上前のものです。 城下町では、伝統ある町屋や木曽川などの自然を巡るのが良いでしょう。よしもとの若手芸人が運行する「お笑い人力車」に乗り、軽快なトークを聞きながら観光スポットを回るのもおすすめです。
博物館明治村
「博物館明治村」は、その名の通り明治時代の建造物や文化を再現したテーマパークです。電気ブランを楽しめるバーや洋食屋、ガラス細工ショップ、ハイカラ衣装の着用体験など、グルメ、工芸、ファッションなどいくつもの角度から明治の文化を知ることができます。中でも、当時使われていた本物の蒸気機関車や日本初の市内電車「京都市電」に乗車することができる鉄道体験は、明治村でなくてはできないとても貴重なコーナーですのでおすすめです。
レゴランド・ジャパン
2017年に開業した「レゴランド・ジャパン」は、レゴブロックの世界感を存分に楽しめるテーマパークです。乗り物を中心としたアトラクションをはじめ、日本の街をレゴブロックで再現した「ミニランド」や、レゴブロックを自分で組み立てて遊ぶ「ブリックトピア」など、親子で楽しめるエリアが数多く用意されています。年齢別に様々なレベルのワークショップが用意されている「レゴ・クリエイティブ・ワークショップ」や、アジア最大級のレゴショップなど、大人も思わずわくわくしてしまうマニアックなスポットも盛りだくさんです。
大須商店街
大須は、老若男女が集う愛知県の下町的なエリアです。大須商店街には、ご当地グルメを味わえる老舗のお店が多数並んでいるほか、若者に人気の古着屋、大きなライブハウスがあったり電気街が広がっていたりと、いくつものカルチャーが集まっています。東京の「浅草・下北沢・秋葉原を足して3で割ったエリア」という表現がしっくり来る、大須。商店街から徒歩10分ほどの場所にある「大須観音」は、参拝客はもちろん地元の人たちからも憩いの場として親しまれています。
名古屋市