単身赴任には家電セットがおすすめ! 知っておきたい選び方と注意点

単身赴任には家電セットがおすすめ! 知っておきたい選び方と注意点

単身赴任の準備は物件の契約や各種手続き、必要なものの購入など、やることが沢山あります。中でも必要な家電を一つひとつ選ぶのは結構な手間です。

そんな中で新品の一人暮らし家電を楽に揃えたいなら、セット販売を利用してみてはいかがでしょうか。この記事では、単身赴任者に便利な「家電セット」について解説します。

単身赴任先で必要な家電リスト

まずは、単身赴任先で必要になる家電の種類を把握しておきましょう。一般的に使用頻度の高い家電は以下の通りです。

冷蔵庫 単身者であれば100~150Lが一般的。自炊の有無に応じて200L前後を目安に選択。
耐熱天板を備えているモデルであれば電子レンジを乗せることが可能
洗濯機 数日に一度の洗濯を想定する場合、容量6.0kg前後のモデルが標準。
電子レンジ 20L程度が一人暮らしの標準サイズ。
冷蔵庫の上に配置するのであれば、予めサイズを測っておくこと
テレビ 間取りによって適正サイズが異なる。
6畳~10畳ほどであれば24~32インチ程度が標準サイズ
掃除機 単身赴任者にはコードレスのスティック型の掃除機がおすすめ。

新しく家電を購入するなら「家電セット」

単身赴任が決まってから引っ越すまでの限られた時間で家電をすべて準備するのは大変です。セット家電であれば、家電購入の手間を大幅に軽減することができるでしょう。

セット家電の特徴

日常生活に必要な数種類の家電を組み合わせ、家電量販店などがまとめて販売しているものを「セット家電」と呼びます。セット内容は様々ですが、生活に必要不可欠な家電が網羅されています。

    【家電セットの例】

  • 3点セット(冷蔵庫+洗濯機+電子レンジ)
  • 5点セット(冷蔵庫+洗濯機+電子レンジ+掃除機+炊飯器)
  • 7点セット(冷蔵庫+洗濯機+電子レンジ+掃除機+炊飯器+トースター+電気ケトル)

それぞれのセットは家電の性能によって価格帯が分けられています。セット内容は豊富であり、家族向けのセットから新生活者や単身赴任者向けのセットまで、様々な種類が販売されています。単身者用の家電セットは、個別購入に比べ低価格で販売されています。初期費用の節約を考えている方にとって、有用な選択肢となるでしょう。

失敗しない家電選びのポイント

家電セットを購入する際には次の点に注意しておきましょう。

  • 設置スペースは十分にあるか
    賃貸物件では、洗濯機や冷蔵庫の設置スペースは予め決められています。購入前に設置スペース(縦・横・高さ・奥行き)を測り、設置に適した家電を購入しましょう。
  • 搬入スペースはあるか
    住居内の設置スペースが確保できていても安心はできません。搬入経路に家電が通れるスペースがあるか事前に確認しておきます。玄関や廊下、集合住宅の場合には、共有スペースにも注意が必要です。
  • 購入のタイミング
    家電は、購入してすぐに配送してもらえるとは限りません。繁忙期などには購入後数週間運送会社の予約が取れないことも。単身赴任先で「家電が届かなくて困った」ということがないように、余裕をもって購入しておきましょう。

「家電を購入しない」という選択もある

単身赴任時に使用する家電は、必ずしも購入する必要はありません。「いずれ必要なくなるので、できれば購入したくない」という場合、次のような方法があります。

  • 家電レンタル
    DVDやCDのように、家電をレンタルできるオンラインサービスがあります。インターネット上で手続きすれば、希望商品を居住先まで配送してもらうことが可能です。
    サービス内容には家具のセットレンタルをはじめ、短期レンタルや月額レンタルなどが網羅されています。単身赴任者を意識した豊富なプランが用意されており、上手に利用できれば初期費用を節約することができます。
  • 家具家電付き賃貸に住む
    室内に家具や家電が備え付けられている賃貸物件を選べば、家電の購入やレンタルがいらず、単身赴任時の手間を大幅に軽減することができます。入居時には必要最低限の私物を持ち込むだけですぐに日常生活をスタートすることができます。
    リブマックスのセットアップ賃貸では、いくつかのお部屋プランの中からお客様のニーズに合ったグレードをお選びいただけます。
    詳しくはこちら

まとめ

単身赴任の準備を効率よく進めるために、家電セットの利用はとても有効な選択肢です。購入したくない場合は、レンタル家電や家具家電付き賃貸がおすすめです。単身赴任時の家電購入に迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。